建築特化型画像生成AI

空間デザイン領域の
ディスコミュニケーション
を解消する

rendery image gif

Our Partners

Renderyは様々なパートナーにご活用いただいております。

partners image
partners image
partners image
partners image
partners image
partners image
partners image
Solution

空間デザイン領域の
ディスコミュニケーションを解消する。

不動産開発現場で発生するディスコミュニケーションを解決する画像生成AIツール。

不動産開発現場における手戻り、プロジェクト超過、コスト超過といった課題を解決することができます。

Rendery key visual
Service

Renderyで実現できること

ディスコミュニケーションを解消

不動産開発現場におけるディスコミュニケーションは顧客満足度の低下、プロジェクトの長期化、コスト超過など様々な課題を生み出しています。Renderyはステークホルダー間のコミュニケーションを円滑にし、それらの課題を解決します。

Communication image

パース作成費用を削減

理想の空間を擦り合わせるためにパースを外注すると長くて数週間の時間と5万円から20万円のコストがかかってしまいます。Renderyは即座に高品質な画像を出力することができるためパース作成費用を大幅に削減することができます。

clock image
money image
Rendery style book
Rendery style book

Rendery事例集付き

「3分でわかるRendery」

Feature 1

リアルタイムコラボレーション

ホワイトボード形式を採用していることから様々なユーザーでのリアルタイムコラボレーションを実現することができる

whiteboard

「Renderyを使用すれば建築家、デザイナー、営業、PMと様々な職種の方が ディスコミュニケーション無くコラボレーションすることができます」

ceo

Riki Kato

SAMURAI ARCHITECTS, CEO

Feature 2

高品質な画像生成

建築・空間のデザインに特化した独自のモデルを活用し、思い描いた理想のイメージをワンクリックで共有することができます。

generate image

EXTERIOR

designed by Rendery

generate image

INTERIOR

designed by Rendery

generate image

LANDSCAPE

designed by Rendery

「Renderyでは最先端の画像生成AIを用いたデザインが可能であり、あなたの創造性を最大化することができます」

ceo

Yuta Yokomizo

SAMURAI ARCHITECTS, CTO

Feature 3

多様な使用用途

Renderyはまちづくりや新築内装提案、リノベーション提案など

様々なシチュエーションでご利用いただけます。

town
Case1

まちづくりに使用

大規模なまちづくり、再開発プロジェクトにおいて、Renderyを活用することによって開発に関わるステークホルダー間のディスコミュニケーションを軽減、円滑なプロジェクト運営を実施することができます。

meating image
Case2

建築・建設プロジェクト会議にて使用

デザイナー、建築家、営業、クライアントと様々なステークホルダーが自らのアイデアを形にしながらビジュアルの上で議論することでコミュニケーション摩擦の少ない議論が可能になります。

renovation image
Case3

リノベ検討に使用

生成画像に類似したマテリアルの提示が可能なため実際の施工の基づいたリノベーション提案に活用可能

プランと料金

ご利用状況に応じて、3つのプランをご用意しております。

Free プラン

1アカウント

¥ 0/月(税抜)

  • デザインツールの全機能

  • 1プロジェクトボード

  • 30枚/月 生成

Basic プラン

1アカウント

¥ 5,000/月(税抜)

  • デザインツールの全機能

  • プロジェクトボード数無制限

  • 生成枚数無制限

Pro プラン

1アカウント

¥ 8,000/月(税抜)

  • デザインツールの全機能

  • 追加学習無制限

  • プロジェクトボード数無制限

  • 生成枚数無制限

Enterprise プラン

¥ Ask/月

企業向けサポートパッケージ

セキュアな環境で企業の生成AI活用をサポートします

  • カスタマーサポート

  • 専任担当者との直接対話:月2時間まで

  • 事前ワークショップ

  • 要望に応じたデータ管理

Information

Renderyの使用方法について